Teneleにアクセサリをつけてみた

Teneleにアクセサリをつけてみた

クラッシュバー取り付け

車両引取り前、WebやYouTube見ながら妄想していた時期。「緩いフラットダートなら行くよなぁ→こけるよね、きっと→エンジン周り保護必要じゃんっ!!」の思考でクラッシュバー(Heed社のBunkerっていう物)を購入してました。
取説は白黒でちょっと見にくかったけれど英語もあり、右側は問題なく取り付け完了。
左側はセンタースタンド取り付け部と重なっちゃって難儀。とりあえずセンタースタンド用ボルトが結構長かったのでクラッシュバーも共締。ただ、ラジエータ取り付け部がどうしても駄目。取説指定長さのボルトだとネジ山にかからず断念。センタスタンドボルト部で未使用になった長いボルトで固定。
なんとか取り付けできたけど、かなり心配。

ヘッドライトガード

「ダート行ったら石礫とかが前車から飛んでくるかも?」というのと、ヘッドライトユニットが結構お高いと言う噂だったので、転ばぬ先の杖的にヘッドライトガード(Touratech社製)を取り付けました。
アダプタを取り付けて網カバー(脱着が簡単)をズボッと取り付けるだけ。
メーカの写真とかだとすっごくごっつい様に見えたけれど、現物は1.5mmくらいの厚みのアルミ製。あみあみ部分も面取りがイマイチで品質的にはうーんって感じ。
ほぼ見た目重視のアクセサリですね。

ハンドガード交換

純正品はお飾り的で必要な硬さを持っていないようだったので金属バーに防風カバーを取り付けるタイプ(SW-Motech社製Kobra)を購入。
オリジナルのバーエンドウェイトを取り外すのに12mmアーレンキィを持っておらず、ホームセンタに買いに行ったりで結構時間が掛かっちゃったけどなんとか取り付け完了。
ただねー、日本品質が恋しくなっちゃう品質だったな、これ。そもそも金属のガード本体に先に樹脂製防風体を取り付けないとダメなタイプなのに説明無しだった(折角取り付けたガード本体を泣く泣く取り外し)のと、金属ガード本体の穴寸法や折り曲げ角度が全然出てなかったので取り付けが大変だったし。

その他

愛用しているREC MOUNT+はこちら欧州では入手できそうにないのでQUAD LOCKを選択。
また、シガーソケット的な電源が初期装備されているので対応したUSBアダプタを購入。
これら、めっちゃ便利。
その他、欲しかったパニアケース(PayPalかクレジットカードしか支払い対応していなかったので未だ購入できず)や取り付けラックなどを今後準備していくつもり。夏にはアルプスとか行きたいな。

まずはこの装備で安全に注意しつつ慣らし運転していこうと思います。

記事を読んだら"ヤエー"しよう!

4

禁止行為を報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

他のバイクログを見る

RIDEMATE再始動 PV公開中!