山の中に迷い込む

山の中に迷い込む

グーグルマップで道が繋がってたし行けそう!(フラグ)

冬季通行止めになる道がまともなわけないよなあ?
ちょっと後悔した。
(ロケーションは鳥取県北部の大山から近い辺り)

むっちゃくねくねして、細いだけならまあ許せる。
山からの水が道を横切ってたり、葉っぱがむちゃ道に落ちてたりもまだ許せる。
山からちょっと砂利が流れてきてたり、木漏れ日と木陰のハイコントラストで道が見づらい・・・まあいいだろう!
でも道に苔生してるのはダメだ!見た目で死にそうだから!

そういう道を大きいので走ると引き返すのも面倒だし、まあ行くしかないかあって気になりますね。
不退転!そして背水の陣!
絶対に事故出来ない(レスキューが時間かかりそう+軽トラ以外が入ってこれないため)戦いの始まりだ!
パンクしたらどうしよ・・・

そんな道を走るコツはシートの最前部に、タンクに密着するくらい前に乗ること!
かなりハンドル近くなってどうにかなるんだなこれが。
ギヤは2か3でスロットル固定して速度はリヤブレーキで調整。
普段やらないことを総動員して対向車が来ないことを祈る。
レプリカ?SS?メガスポ?クルーザー?山の奥のセンターラインの無い道に入ってきた時点から心の片隅で覚悟しましょう。
ああ、オフ車がうらやましい。

そんでそういう道の途中でちょっと眺望が開けて見晴らしが良いけど特に景観がいいわけではない、そんな場所が現れる。
なんかそこまでたどり着いたら変なテンションになってるので記念撮影が始まる。
なんでこんなことに。

帰りは2車線の道をブイブイ帰りました。
そんで帰ってきて、記念写真を見返してもなんか感動がない。
変なテンションで風景なのかバイクの写真なのかわかんないもん撮らずにもう少しCOOLになるべきだったぜ(変なテンション)。
あんなに苦労したのに!
苦労だけはひとしおな写真が取れたってことで思い出にしましょう。

記事を読んだら"ヤエー"しよう!

6

禁止行為を報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

他のバイクログを見る