バイクシートが原因でサビが発生する⁉︎

バイクシートが原因でサビが発生する⁉︎

見出しの画像を横から見たアングルです

「雨や紫外線から大切なバイクを守る」バイクシートといえばこんなイメージがありますが、
それはサイズがピッタリな場合に言える事。

むしろサイズが小さい方が良いと思える事件が起きたのでアップしています。

先日、エアクリーナーとプラグの交換をしようと思ってタンクを持ち上げた時、
チューブのクリップに錆が発生しているのを発見しました。

まあ、ステンレスではなく鉄製の安い物なので、そりゃ錆びやすいだろうと思って
それほど気にはしていなかったのですが、タンクを外してみてこれまた錆びているところを発見。

数年間も放置されたバイクならわかるけど、1年ちょいでは錆すぎやんけ、と思ったのが正直なところ。
金属の塊であるバイク、特にハーネスなどは大丈夫なのかと心配になってきました。

とりあえずはAmazonで注文して交換しておいたのですが、よく考えると、同じ条件で
もっと長い期間駐車しているR25に錆は発生してないのでなぜだろうと疑問に思った訳です。

バイクシートの罠

R25用はサイズもピッタリで、フルにかけても車体下側には空間ができるため、雨水が蒸発していく
過程においても空気が流入し、湿気が溜まることがなかったんだと思います。

方やGSXの方は大きすぎるため、フルにかけるとシートの下の方が地面にへばりつくほどの長さ。
そのため雨水がシート内で蒸発する時に抜けることがなく、蒸し風呂状態だった事が想像できます。

この違いによって、同様の期間、同じ環境で使ってきた結果、水分が抜けにくいGSXの方には
耐腐食性の低いクリップにサビが発生し、R25は同じパーツでもサビが発生していないんだろうと
推測したわけです。

で、こんなふうに使う事にしました

ほとんどシートの意味はないかもしれませんが、直射日光だけでも防げればマシかと。
紫外線なんて防ぐ効果はないし、強い飴だと跳ね返りがくるけど錆びるよりはマシ。

シート考察

どれほど高価なシートでも撥水効果は半年から1年で失われます。
また、耐熱仕様といっても、これも曲者で、いきなりかけると高熱をこもらせてしまう事になるので
バイクにとって良いようには思えません。

どれを買ってもそんなに差はないと思いますので、金額や仕様にこだわらず、基本安くてもある程度、
生地に厚みがあるもので十分ではないかと思うのです。

それと、シートは実際に手に取らないと生地の感触も、大きさもわかりません。
錆を経験して思うのは、大きいよりも小さめの方がまだマシだと言う事。
大きすぎるゆえに蒸し風呂になるよりも、車体下に空間ができる方が良いと言う事です。

なので、バイクシートは返品やキャンセルがしやすいAmazonで購入する方が便利かなと思います。
ヤフーや楽天はキャンセル・返品・返金のハードルが高すぎます。

1年使ってわかった事『バイクシートは錆を呼ぶぜぃ!』

https://tandem819.com/bike-sheet/

記事を読んだら"ヤエー"しよう!

2

禁止行為を報告する

コメント

  1. 思い当たる節が有ります。
    去年そうでした。

    何故か新しい方のバイクにサビが。
    確かに買ったカバーが合わずてか大き過ぎでした。

  2. ですよね。
    大きすぎるカバーは、空気が抜けないのが良くないと思いました。

コメントするためには、 ログイン してください。

他のバイクログを見る