公道デビュー

公道デビュー

 春には完成予定だったNS250Fですが、いろいろと不具合が続き、公道デビューが夏の終わりになってしまいました。といっても、初ツーリングは走り出して2Kmでエンジンがかからなくなり、JAFのお世話になりました。そこから、エンジンがかからない原因を追究し、やっと走ることができるようになりました。
 天気が良さそうなので、なるべく近場で近距離のお散歩ツーリングに出かけました。走り出してすぐに車体フワフワして地に足がついていないような感覚でしたが、250の軽さならこんなもんかと気にしないようにしました。しばらく走ると車体も安定してきたので、新品タイヤのせいだったようです。エンジンはフルOH後なので、まだ、高回転までは回すことができないので、ゆっくり走ってきましたが、車の流れについて走る分には何も不安なところはなく、安心して走ることができました。

 県内だけのお散歩ツーリングなので、153号を北上し、道の駅どんぐりの里を目指します。 道の駅に着くと、CBRでは人は寄ってこないのですが、絶滅危惧種の2STのためなのか、おじさんホイホイのように同年代の人に話しかけられました。通常時ならば、楽しく話すのですが、このご時世なので話もそこそこになるべく人に合わないよう、こっそりと散歩ツーリングを終えました。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. ☆確かにおじさんホイホイですわな(笑)

    私も引き寄せられます♪

    • これからも、煙と臭いと飛び散るオイルで引き寄せますね