カーボンでステーる

カーボンでステーる

事件みたいになってる場所の前

緊急事態宣言も事件と言えば事件。
緊宣閉鎖になってる公園前ですので事件性無しです。

ハヤブサ乗りはGSX-Rのフェンダーを付けたがるみたいだけど、個人的にあれはクチバシが折れたみたいに見えてしまってな・・・
僕は逆にクチバシを生やしました(ロング感)。

今回はステーを作り替えまして。
アルミをきれいに切って、黒い車体に合わせるべく黒く塗るより簡単に、最初から黒い素材を使うことにしました。

道中が川になってて、帰りは引くほど汚れた

キャリパーとフォークの間にあるのがステー。
これだけ作れば新型ハヤブサフェンダーが付く~。
新型ハヤブサはディスク径が大きくなったのでフォーク側のステーが伸びたんでしょうきっと。

適当な厚みの安いカーボン板買いまして~
マスクとゴーグルしまして~(大事)
適当なドリルで穴開けまして~
適当なのこぎりで切り取れば完成じゃ~ん(安易感)

穴は自慢の”つよつよハンドドリル”でギャンギャンしておきました。
鉄鋼ドリルであっさり穿孔可能!
でも専用のドリルじゃないので積層された繊維がめくれる!
穴開ける前に皮ポンチで傷を入れとけば広がらないかも?
モノ作るなら専用ドリルが欲しくなるけど4か所だけ開けるのに専用ドリルはいらねえ!(いらないとはいっていない)

カットには糸系のこぎりが良いです。
用いたのは「フリーウェイコッピングソー」というNASA関連のブツです。
案外ゴリゴリ切れるので食いついてきて面倒なアルミ切るより楽かも。
端面は適当な鉄鋼ヤスリで整えておけばきれいな感じに。
仕上げは瞬間接着剤を塗って仕上げれば積層カーボンがめくれないからとりあえず塗る。
綿棒で塗ると綺麗にできるのでオススメ。

まあこんな感じで完成~。
案外簡単でしたとさ。
でも面倒なのは変わらないので、面倒レベルを下げたければいい道具買おう。
やっぱ道具だなあ~。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。