久しぶりのロングツーリング

久しぶりのロングツーリング

 しばらく、お出かけは自粛していましたが、地元も少し落ち着いてきたのではないかと久しぶりに遠出してみました。昨年の信州ツーリングでたまたま寄った戸倉温泉が、町中にしてはイイ感じの温泉街だったので、ホテルだけ予約をし、初日はビーナスラインあたり、2日目は安曇野あたりを走ることにしました。
 何も目的を決めないで出かけると、丸一日ひたすら走るだけになってしまうので、今回は博物館巡りを中心にしてみました。
 朝早いうちにビーナスラインを走り、最初の目的地「星くずの里たかやま 黒耀石体験ミュージアム」と「黒耀石石器資料館」へそれぞれ入場料が格安ですが、地元和田峠の特産物(?)の黒曜石に特化した博物館でした。

 お昼は、マルメロの駅ながとで、前回食べられなかった「ジビエ馬鹿バーガー」を名前につられて食べました。馬と鹿の肉ですが、癖もなく食べやすかったです。ちなみに「うましかバーガー」と読みます。
 午後からは、志賀高原の方まで足を延ばそうかと思っていましたが、どうやら雲行きが怪しいようです。ならばと宿泊予定の千曲市を目指して走っていると、上田市内で大雨に降られてしまいました。進行方向の空が明るく、頭上だけ雨雲があるようだったので、雨から逃げるようにそのまましばらく走りました。ずぶぬれになってしまいましたが、夏の暑さで、服はすぐに乾いてしまいました。しかし、濡れたグローブは乾かず、心が折れたので、予定より早めにチェックインしました。

 名前はホテルでしたが、行ってみると昭和感あふれるお宿でした。バイクで行くことを告げていたら、玄関先に停めさせてもらえました。設備もすべて昭和感が漂っていましたが、温泉だけは源泉かけ流しだったのと部屋まで食事を運んでもらえたので、ゆっくりとくつろげました。

 2日目は、化石を求めて「信州新町化石博物館」と「戸隠地質化石博物館」を目指します。熱中症予防のために、景色のよさそうなところで、水分補給を心掛けました。そうでもしないと、ずっと快走路のため走りすぎてしまいます。

 信州新町化石博物館は、入場料500円と格安ですが展示してある化石の数も多く、コストパフォーマンスはバツグンだと思います。

 戸隠地質化石博物館までも快走路を走り続けました。戸隠地質化石博物館は廃校になった学校の教室を展示室にしてあり、理科室・理科準備室を探検しているようでした。でも、展示室はとてもきれいで、展示物の数もたくさんありました。今回訪れた博物館の中で、展示物の数では一番だと思います。
 その後、高速に乗って岐路に着くのですが、走行中急にひんやりしたかと思うと高速道路で、土砂降りに会ってしまいました。サービスエリアも見当たらないので、そのまま雨が止むまで走り続けました。雨が止むと走行風で服を乾かしながら走りました。しかし、ようやく服が乾いたかと思った頃に、再び大雨に会いました。中央道が川のようになるほどの雨で、恐怖を感じ、飯田山本で高速を降り、いつものツーリングルートで帰宅しました。
 1泊2日のツーリングで夕立に3回も遭遇するとは。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。