ツーリングの下見ツーリング

ツーリングの下見ツーリング

川沿いルート大好き

川のある風景がどうにも好きでして、停められる場所があるとついついこんな風に撮ってしまいます。

南山城村から針へ

今日は150km程度のプチツーでした。

昼前に大阪市内をスタートし、門真市→四條畷市を越えて国道163号線・清滝生駒道路を走ります。

生駒山を越え、木津川市に入って木津川沿いを進みますがこの辺りはまだ標高50m程度。路肩の温度計は29℃を示していました。

川沿いにある笠置のキャンプ場にはたくさんのテントが張られています。それを横目に見つつ、南山城村へ入って行きます。
この頃には標高が100mを越え、気温が徐々に下がって来ます。

道の駅お茶の京都みなみやましろ村を過ぎ、国道を逸れて県道753号線を月ヶ瀬方面へ南下。地元の生活道路になっているとても狭い道を、道路で遊ぶ子供たちに気を付けながら進みます。

名張川を渡って月ヶ瀬に入り、10kmほど進むと標高が500mを越えて来ます。
日陰に入れば涼しいを通り越して寒い程です。そのまま道なりに走り、名阪国道沿いに針テラスの裏側へ到着。ガッチガチのカスタムバイクがびっしりと並ぶ中へ、どノーマルのスクーターで突撃です。ものすごい視線を浴びました(笑

そのまま止まらずに駐車場の中を進んで出口へ。
帰り道は針テラスから北西へ延びる国道369号線を通ります。
山の中の道とは思えないほどの長い直線が何度も連続する広域農道で、針テラスから来たアニキ達がスピードチャレンジをしています。
脇道から白い彗星が現れたら一発で免停だろうなぁ…などと思いながら左ウィンカーで道を譲ります。みんな気を付けてね…。

この国道369号線、道なりに進むと笠置町へと辿り着き、来る時に走った国道163号線へと戻るのですが、途中から車1台分くらいしかない狭い道になって来ます。しかもなぜか交通量がけっこうある(꒪ω꒪υ)
決して多くはない待避所で譲り合いながら離合を繰り返し、ようやく国道163号線へと戻って来ます。

ここからは来る時に通った道を逆に辿って帰ります。
帰りはかなりの渋滞に巻き込まれ、暑さの戻って来た道でジリジリと西日に焼かれながら帰って来ました。
特に工事渋滞や事故渋滞という訳ではなかったのですが、この国道163号線は昔からなぜか自然渋滞が発生するのだそう。自然渋滞って、何がきっかけで起こるんでしょうねぇ…?

今回は、月末に予定している複数台でのツーリングの試走も兼ねていました。
マップ上で見るだけではどんな道かわからず、そんな状態で他のみなさんを先導する訳にもいかず、ツーリング企画した際は必ず今回のように気になる場所は試走するようにしています。

今日の試走の結果、あまりに狭い場所があるので月末のツーリングでは別ルートを行こうという結果になりました。
二輪だけならまだしも、PCXのトライク仕様の方がいるので狭い道には入れないのです(^^;;
でも一人で来るなら絶対に今日のルートが楽しい!脇道探検ツーリングをしにまた来ようと思います(^q^)

広大な茶畑

間近で見たのは初めてです。とても綺麗でした!

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。