旬なものが頂きたくて

旬なものが頂きたくて

RIDE MATEキャンツーの復路にてETCのエラーがあってから、高速を走っておらず、ちゃんと機能するか確認しておこうと、ちょっと足を伸ばすことに。

そして、旬なちょっと美味しいものもいただきたい。(๑•̀ㅂ•́)و✧

①淡路ハイウェイオアシス

この時期、淡路島では美味しいものがいただけると、会社の同僚で海釣りをするコから聞いて、

第二神明道路を通って、垂水ジャンクションから明石海峡大橋を経て、淡路SAへ。

ココのSAには、ハイウェイオアシスって施設があります。上り下りそれぞれからアクセスできますが、ETCが必須かな?

旬なもの

淡路島で有名なものと言えば、
「玉ねぎ」ですが、この時期(3〜5月)は「サクラマス」なんだそうです。
知らんかった。( ゚д゚)

淡路島各地の飲食店で、サクラマスを使った料理が振る舞われていますが、昨年、今年とコロ助のせいでせっかくの特産品がダブついているとのこと。

ハイウェイオアシスにある「みけ家」さんでもいただけまして、
今回頂いたのが、「淡路島三色コラボ丼」。

岩屋漁港で揚がる生しらす、程よい脂のりのサワラ。共に品質にこだわる。鮮度が自慢の5月限定春スター丼。
ということらしいです。

期待に違わず、うまい。
(๑´ڡ`๑)

その他のお店について、詳しくは下のリンクへ。
https://www.awajikoku.com/sakuramasu/
予約の必要な料理もあるようです。

旬じゃないもの?

ハイウェイオアシスの付随施設というわけではないと思うのですが、「淡路島公園」という公園に行くことができます。

その隅っこに、変なものを見つけました。赤矢印の先に。

へ〜、此処にあったんだ〜。

そこに鎮座ましますのは、「シン・ゴジラ」の第4形態?の実物大モックアップ。

昨年の春頃から営業するはずが、コロ助でずれ込み、10月にオープン。

そして、現在、非常事態宣言下のため休止中になってます。

うん、スタートダッシュに失敗してますな。

メインのアトラクションとしては、ハーネス付けて、ジップラインでシンゴジラの口や、体表付近を飛んでく!ってものです。その他にもいろいろとアトラクションがあるようですが、いや〜、なかなか良いお値段で。

シンゴジラの実物大モックアップ迫力あって良いんだけど、写真を撮る身としては、手前にあるアトラクション用の小屋が邪魔なんだよなぁ。
迫力を求めてアングルを変えれば、変えるほど邪魔。
(あくまでも、個人の感想です。)

②〜④に行ってはみたものの

その後、
②ライダーズカフェあわじ
に行ったものの、営業自粛中。

あ、むち打ち観音は、剥落が進行してた。そろそろ壊されるのかな?

温泉に入って、帰るかと
③松帆の郷
に行ったものの、臨時休業。

ライダーの常食、ソフトクリームでも
食べて変えるかと寄った
④道の駅あわじ
も、営業してない!
_| ̄|○

ひとえに、非常事態がゆえに。
出掛けた私が悪いのですが・・。

(淡路サンセットライン方面にもいろいろとカフェが増えているような・・)

⑤鳥の山展望台

ここは、最近Youtubeの動画で知った場所です。
もともと、奈良・平安時代の頃より神戸の摩耶山とコンビで灯台として船の航行を見守ってきた場所なのですが、
ここには「せきれい丸遭難者合掌之塔」があります。

戦後間もなく、12月に発生した事故「せきれい丸沈没事故」では、定員の3倍の旅客を乗せていたせきれい丸が、折からの強風で転覆、多くの犠牲者が出ています。

詳しくはWikiを参照して下さい。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%81%9B%E3%81%8D%E3%82%8C%E3%81%84%E4%B8%B8%E6%B2%88%E6%B2%A1%E4%BA%8B%E6%95%85

瀬戸大橋が計画された契機になった「紫雲丸事故」のことは知っていましたが、明石-淡路間にもあったのですね。

(紫雲丸事故は、現在、学校教育で水泳が必須となった遠因でもあります。)

YouTube動画でも、この事故を詳しく知る人は減りつつあると言っていたのですが、

何気なく、便利に使わせてもらっている手前、こんな長大橋が建設されるに至った訳は、知っておいても良いのかなと思います。何より、ご安全に!

本四架橋(明石海峡大橋、備讃瀬戸大橋、来島海峡大橋)、関門トンネル、青函トンネル?などなど、感謝して利用しましょう。

お、そうそう、ETCは問題なし!

総走行距離:164km

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。