ぷらっと四国へ 最終日

ぷらっと四国へ 最終日

我が家のアオダモの木に花が咲いていました。

もう春ですねぇ (^▽^)

今週はなんやかんかとあって、最終日の投稿が遅くなりました。

それでは、本編です。

砂美の浜

早朝の太平洋は少し肌寒い感じでした。

夏だと海水浴客で賑わいそうです。

最終日は太平洋沿いを走り、淡路島を渡って帰宅予定。

途中寄るのも、その通り沿いになります。

まずは、南阿波サンラインへ。

ツーリングロードとして有名なようです。

海岸沿いを走る道なんですが・・・景観を期待しすぎない方がいいかも。

1. 結構ワインディングが多く、景観に見とれていると危険。
  ちょっとした峠道。落石や猿に遭遇しました。

2. 海岸沿いを道が走っているが、木々で覆われている所が多い。
  上の写真は木々の切れ目の光景ですね。大体はこんな道が続きます。

朝8:00位だったからか、他の車も殆どおらず快走状態でした。

海岸沿いとのイメージギャップを置いておけば、ツーリングロードとして楽しめます。

南阿波サンラインを終えたら、一路北へ。

次なる目的地は、徳島と淡路の境、鳴門海峡です。

渦の道

鳴門大橋の徳島側は、大橋下に観光者が入れて、鳴門海峡を直下に見れるようになっています。

こんな感じで、大橋の下を通って、鳴門海峡上を観光します。

残念ながら、この時は到着時間帯がずれていたので、鳴門の渦は見れませんでした。

展望台からも記念に1枚。

あまり時間もないので、この大橋を通って、淡路島に渡ります。

そして、最後の目的地へ。

世界平和大観音

淡路島東岸に建てられている全高100mの巨大観音像。

北側から回ってくると、いきなり「ヌゥ」と出て来て迫力あります。
(最初に見た時の感想は「大魔神」でした ( ̄∇ ̄))

この観音像、取り壊しが決まったと昨年ニュースに出ていましたので、見納めにアワイチへ行くのもいいかも。

淡路牛バーガー

高速乗る前の最後の休憩で、道の駅 あわじ で腹ごしらえ。

2年前に来た時とメニューが変わっていました。

ある意味名物だった「あわじ島 前略、道の駅バーガー」が無い・・・

お値段 単品で¥3,300(税込) ( ・∀・)

私が知る中で、最も高いハンバーガーでした。

以前は 道の駅 うずしお と同じメニューだったのですが、うずしおの方も無くなってるのかな?



腹ごしらえも終わった所で、帰宅の途へ。

高速に乗って、愛知県迄・・・と行かないのが、あるあるですね。

今回最大の試練が待っていました。

淡路島からナビの誘導に従い、一度山陽道に出て宝塚方面に向かうと、そこは車の海!

またもや事故で渋滞しておりました。

最悪だったのが、この渋滞、超低速で動き続けるんです!!

時速5km程での移動を30分程。

ほぼ常時半クラ維持を強要される状況に内心「ヤベぇ・・・(;゚ロ゚)」

以前も書きましたが、RR-Rはアシストスリッパー機構ですが、クラッチがそこそこ重いんです。

半クラ失敗 → エンスト → 転倒 _| ̄|○

もう必死こいて、半クラしてました (T▽T)

幸い(?期待されていた方には御免なさい)、外装慣しの名誉は回避できましたが、お陰で絶賛左手に湿布を貼る毎日です ( ̄∇ ̄)

最後の最後で思わぬ試練でした、お家に帰る迄油断できませんね。

そんなこんなで、何とか帰宅。

移動時間は約12時間30分(休憩・観光含む)、走行距離は約430km

そして、今回の総走行距離と使用燃料は以下でした。

実際の給油料とは少し異なっていますので、目安程度に見て頂けたら幸いです。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. 渋滞お疲れ様でした。

    得てして、疲れている帰りに大渋滞で追加ダメージを食らってしまいがちですね。

    淡路島は南淡路水仙ラインが、最高に気持ち良いルートでした。

    • >トレミーさん

      お土産満載で、後は帰るだけ~♪
      なんて思考だったので、尚更ハードモードでした。
      今回は時間的都合で淡路島はほぼ通り抜けただけでしたが、以前南淡路水仙ラインを走りました。
      洲本城寄った後に福良へ抜けるルートでしたが、早朝だったからか交通量も少なく爽快でした。
      残念だったのは西側のサンセットラインを日没に走れなかったので、リベンジがてらもう一度走りたいですね。

  2. 懐かしく拝見しました。

    東北大震災の翌年かな、まとまった休みが取れたので車でしたが同じようなルートで行きました‼️

    バイクには少しばかり遠いかなやっぱり。
    バイク、車に関係なく、日本一筆書きを目指してましたが…

    • >シビオさん

      思いつきで行って来ましたが、もう少し日程が欲しいルートでしたね。
      しかし、日本一筆書きですか! (゚Д゚)
      自分なら妥協して、継ぎ接ぎ日本一周 が限度です ( ̄∇ ̄)

  3. ☆徳島からなら国道55号線を(バイパス除く)高知方面へ走ると、ほぼ海岸沿いになりますね~

    両親の実家が高知県なので、高速がなかった子供の頃は毎年ってくらい走った道です♪

    静岡の国道1号線富士由比バイパスみたいな感じでしょうかね?(^^)

    お時間があれば次回はぜひ♪

  4. >ガンちゃんさん

    そうそう。
    今回55号で室戸岬経由 高知→徳島 を走りました。
    室戸岬まではそこそこ街並みがあったんですが、室戸岬越えると一気に海岸線沿いをひた走りましたね。
    実は室戸岬で記念撮影しようと思っていたのが、看板が駐車していた車に隠れて見過ごし、海岸沿いをしばらく走って通り過ぎた事に気付いた事は・・・内緒です(^0^)

  5. バイク、車の継々一筆書きでした。
    本州は能登半島と紀伊半島を除き、基本なるだけ海岸線を走りました。

    大きな半島は、一日2日余分に日数が欲しいですよね。

    後は、九州とバイカーのフロンティア北海道なんですが、寄る歳が阻んでおります。

    機会が在れば北にも。お待ちしています。