雨が降る前に

雨が降る前に

十三峠展望台までプチツー

土日は雨と聞いていたのですが、朝起きたらきれいに晴れていたので天気予報をチェックすると、どうやら雨は夕方からの様子。
このチャンスを逃すまいと、ちょっとお出掛け。
いつ降り出すかわからないので短めの距離でチョイ乗りしてきました。

大阪市内をスタートして、東大阪市を横断して生駒方面へ向かい、うねうねした峠道を登って十三峠展望台へ。

十三峠展望台

少しモヤってるのは、もしかして黄砂のせいかな?
麓の気温は21℃くらいでしたが、400mほど高い展望台付近は少しひんやりしていました。
ハクモクレンが満開、山桜も少しずつ開き始めていました。
バードウォッチャーなのに双眼鏡を忘れて来てしまったのですが、鳥たちの声を聞いているだけでも楽しい。ウグイスたちの声がとても春らしく、他にヤマガラやエナガ、コゲラの声も聞こえました。

帰りはそのまま展望台を超えて奈良県側に降り、第二阪奈有料道路から阪神高速を通って帰って来ました。
PCX、高速道路も快適ですね。横からの強風に気を付けてさえいれば、あとはとてもラクに運転出来ます。
高速域で巡航中も、スロットル開ければ開けただけしっかりトルクが出るし、周囲の車に合わせて走るのが苦になりません。
市街地はどうしても渋滞してしまいますが、それでも平均燃費は42kmと表示されていました。燃費が良いエンジンだと助かりますね〜。

最近は土日に走るのを楽しみにして平日の仕事を頑張ってる感があって、それだけに土日の天気が悪いとガッカリしてしまいます。
来週は晴れるといいな〜。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. モーターベア

    おー、リッター/42kmですか!
    メチャメチャ走りますね。カブぐらい走りますね。高速でも違和感なしとは…
    PCX恐るべしΣ(゚д゚lll)

    • モーターベアさんこんばんは。
      カブって確かリッター/50km超えるんでしたっけ。凄いですよねぇ。
      PCXは高速での安定性も良いですが、逆に低速での安定性もかなり良いんです。渋滞時のノロノロ運転で人が歩く速度より落ちても足を付かずにいられるくらいです。
      その分周囲の交通状況に意識を向けられるという事が、安全運転性能にも繋がっていくのかなぁと感じています。