気を取り直して

気を取り直して

高校卒業後、就職先が常滑でした。
その頃(30年程前)は煙突がそこかしこに立つ窯業の街。
そんな光景は見た事なかったので、とても新鮮だったのを覚えています。
会社の寮は半田市の雁宿公園のそば。
毎日半田から常滑までバス通勤でした。
師崎漁港に会社のヨットクラブがあり、誘われて入部。休みの日に先輩(インターハイ出場経験あり)にしごかれてました^^;
今思えばバブル時代だったなぁ〜
そんな常滑も今ではセントレアの街。写真の奥がセントレアです。

懐かしい支店

今も変わらず就職先の支店が存在しています(某銀行)。
2年間この支店にいました。
懐かしくて中に入ってみましたが、ガラッと変わって小洒落てましたね。
常滑は競艇があるので、ガラの悪いお客さんが朝イチでお金を下ろして競艇場に向かうというのが日常でした。
夏になると腕に絵を描いたおっさん達が「早よしてや」と(; ̄ェ ̄)知らんし…

常滑チャーシュー

昔は「八百善」といって小汚い店にジジババ2人で切り盛りするとっても繁盛していたラーメン屋がありました。
が、多分寄る年並みに勝てず閉店に。
そのお弟子さんが開いたのがこのお店です。

デカくて厚こくて柔らかい

チャーシューが二個入って880円。
昔は600円だったのに…
メニューはラーメン、おにぎり、ライスのみ。
なので席に着けば勝手にラーメンが出てきます。
麺は細くて少し硬いちぢれたもの。スープは醤油ベースで真っ黒。こゆ〜い。
食べきれないチャーシューはビニール袋に入れて持ち帰りOK。

今度は赤レンガ建物

衣浦海底トンネルは2年間いたのに通ったことがないので、一度通ってみました。

新美南吉記念館

童話「ごんぎつね」で有名な新美南吉。
その短い生涯を年代ごとに追った記念館です。
皆さんも一度は読んだことありますよね。
どの作品も悲哀の中の幸せを感じることができます。
子供の頃はなんとなくしか感じなかったものが、歳を重ねてから読むと味わい深いものがあります。
もう一度読んでみるのも面白いですね。

時間も押し迫ってきたので記念館を最後に帰路に着きます。
知多の街も30年前とはずいぶん変わっています。
そんな中、あっ、この道走ったことある とか、まだこの店残ってる などなどノスタルジックに浸れるツーリングでした。

記事を読んだら"ヤエー"しよう!

11

禁止行為を報告する

コメント

  1. ラーメンのスープほんと真っ黒ですね
    ほんとこゆそー

  2. 社会人初めての地は年を重ねると感慨深いですよ。
    武勇伝は無事だったから語れます。

    できるなら、全国のワインディング走りたいですね

  3. 懐かしい土地へツーリングって良いですね。
    年数経過してから行くと、懐かしさと新しい発見がごちゃまぜになってておもしろそう。

  4. チャーシューめちゃめちゃ美味そう〜

  5. 今度、ご一緒に*\(^o^)/*

  6. シビオさん、ご感想ありがとうございます。
    そうですねー、事故ってたら武勇伝ではすみませんよね。
    まずは安全運転で(^ ^)
    はい、走りたい道は山の様にあります。

  7. やまねこさん、コメントありがとうございます。
    そうですね、自分が若かりし頃の思い出と向き合ってみるのもオツなもの。
    少しすっぱい思い出も懐かしくなります。

  8. ぅるとらさん、コメントありがとうございます。
    チャーシュー、美味いですよー
    お持ち帰りのチャーシューもあって、一本1000円で売ってました。
    是非行ってみてください。

コメントするためには、 ログイン してください。

他のバイクログを見る