『ヘッドライトバルブ交換』あえてハロゲンを選ぶ!

『ヘッドライトバルブ交換』あえてハロゲンを選ぶ!

LEDを避けました

前回は、巷の流行に乗ってLEDバルブと交換したのですが、今回はあえてハロゲンにしました。

その理由は三つです。

1:レンズカットはハロゲンを前提としているので、LEDに交換しても特別明るい訳ではない
2:車体設計上の消費電力のバランスを大きく崩すとレギュレーターなどに負担がかかる
3:今回の車両に関して、電気系はあまりいじらない事にしているため

確かにLEDバルブは明るいし、消費電力も少なく、しかも球切れの心配も減るので良いのですが、
基本的に車体の設計がハロゲンだと、それを一番効率よく照らすようにレンズカットされているので
バルブを交換しても思ったほど明るくないという事です。

メーカーがモデルチェンジの際にフルLED化してくれれば、それに沿ってレンズカットも変更に
なるので良いのですが、そうでなければあまり意味のないカスタムになってしまいます。

なので純正の黄色い光が嫌で白っぽいものに変えるなら、ケルビン(単位:K)を変更すれば
好みの色目にできるので、今回は中間的なところを選択しました。

純正バルブ

PIAAバルブ

純正バルブ

PIAAバルブ

電力バランスの問題

これはですね、R25のレギュレーターが弱すぎて嫌というほど思い知らされたのですが、やはり純正の
電気消費量に沿ったバッテリー容量であったり、レギュレーターの規格であったりするので、何か一つでも
消費電力が変わるとジワジワと負担をかける事になると知りました。

一番電気を消費するヘッドライトなんですが、R25の場合、キーONでは点灯せずエンジンを始動すると
通電します。で、GSXの場合は、キーONでヘッドライトを始めとした全ての電装品が点灯します。

これで比較しても、R25の場合、まずはセルを回す事を優先しているので、電気を生み出す・整流する・
蓄えるの三つのパフォーマンスが低く、コストの問題も絡んでくるのでしょうけど、その程度の容量でしか
設計していないので無理が効かないと感じます。

というのも、何もカスタムをしていない車両が1年もしない内にバッテリー関連でトラブルが多発したら
リコールって話になるでしょうから、通常は何も問題なく数年は走行できるはずです。

ですが、いじり倒した私の場合、これまでに二度レギュレーターを交換していますし、交換して半年になる
現在のレギュレーターも少しダウン気味なのでそう感じるのです。

なので、下手に省電力化をしたり、不必要に電量消費量を上げるとバランスを崩し、まずレギュレーターに
負担がかかって、それがバッテリーへ影響し、電気を生み出すジェネレータにも悪影響を及ぼす事になり
ジワジワと弊害が出てくるんだと考え、今回はハロゲンにしました。

tandem819

https://tandem819.com/piaa-bulb/

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。