『プラリペア』こんなすんげえ物があったとは

『プラリペア』こんなすんげえ物があったとは

やっちゃいました

初めてGSXのカウルを外す時に爪を折りました。サービスマニュアルを見ながら「取れないじゃん」と
思って、ちょっと強く引っ張ったら、「バギッ」と逝ってしまいました。

もう一度、取り付けてみると、爪が無くても安定して固定されてますが、精神衛生上よろしくないので
さっそく対処方法をググってみました。

最初に目にしたのはプラモデルでは有名な方法らしく、半田コテでプラ用の接着棒を溶かして融着させる
というやり方でした。

ですが、近所にプラモデル屋さんなんて無いし、Amazonで検索したら結構高いので別な方法はないかと。
すると、「プラリペア」という商品を発見しました。

使い方を紹介している動画を観ると、かなり期待できそうなアイテムじゃないですか。

実戦する!

折れた爪は残っていたのでプラリペアのみを購入。万一、パーツを無くしても「型取りくん」なる物もあって、
90°ほどに温めると柔らかくなる素材で同形状のパーツから型をとって修復もできるそうです。

化学結合によって溶着し補修するので、高さが盛り上がることを考慮してヤスリで少し削っておきました。

その後、脱脂してから動画のように盛り込んでいきます。少々、盛り過ぎても後から削れば良いので形は
気にせず周りを強化しました。

5分で硬化するとありましたが、ストーブをつけた部屋で30分たってもそれほど硬くなく、
この時間ぐらいまでなら位置修正も可能です。

実際、上下左右から確認したら少し傾いていたので、この時に真っ直ぐになるように修正をしました。

仕上げ

盛り上がっているところをルーターで削ればいいのですが、そんなもの持っていないので急遽ホームセンター
まで行って研磨用のビットを購入し、電動ドリルで削りました。

取り付け

今回のスズキのバイクはボルトにしても、カウルの脱着にしても、とにかく「硬い」のが特徴です。
納車時もミラーが合わず、ショップの方にボルトを緩めてもらうのにあまりにも硬く、正回転か逆なのか
不安になる程回らなかったのです。

で、シート下にあるバッテリーが気になっていた私は、シートのはずし方を尋ねた時にも店長から
「とにかく固いけど、このカウルを引っ張ってください」と聞いていましたし、今回折れたところも
とにかく固い。

なので、取り付け時にはシリコンスプレーを爪と受け側の両方に嫌というほど吹き付けておきました。

(シリコンを吹き付けておくことで、脱着が劇的にスムーズになりますのでオススメです)

まあ、一度やってしまえばはずし方のコツはわかったので、いい経験になりましたし、また折れても
プラリペアがあれば心強い。

で、修復したところは、元のようにかなり強度もあって問題なし。こんな便利なものがあるとは
知らなかったのですが、万一の時にはかなり役に立つアイテムです。

tandem 819

https://tandem819.com/purarepair/

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。