GIVIケースの再生

GIVIケースの再生

 色あせてしまったGIVIのボックスの表面をきれいにしてみました。
 まずは洗剤で洗います。

表面が濡れていると、黒さを取り戻すのですが、乾いてしまうと白っぽく戻ってしまいます。
なので、今回はヒートガンで表面を温めて黒さを取り戻そうと思います。
脱脂した後、ヒートガンで温めてみました。

なんかうまくいきそうな雰囲気です。力もいらず、変形に気を付けて温めるだけなので楽な作業です。

多少、ムラはありますが、シリコン系の艶出し剤で磨けばもう少しきれいになるんじゃないでしょうか?
思っていたよりも、手軽に黒さが戻ったので、満足です。
この後、クロスカブに取り付けようとしたのですが、キャリアとフェンダーのすき間がなく、ベースがうまく取り付けられなかったので、そっとしまっておきました。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. こんにちはー
    温めると復活するのですね
    すごい

    そっとしまわれてしまいましたか
    活躍できず残念

    • 樹脂の表面が紫外線などで劣化し、白っぽく見えるそうです。熱で表面を溶かすことで黒さが復活するみたいてす。
      スクーターのステップ部分などもこの方法できれいにできるようです。

      きれいになったケースのだめに増車という手を思いついてしまいました。