ソロキャン@小豆島オートビレッジYOSHIDA

ソロキャン@小豆島オートビレッジYOSHIDA

新しく買い込んだものも有るので

前にソロキャンやってみて、ちょっと追加で買ったものがあり、使ってみたくてお出かけ。

今回は、小豆島で一泊二日。

岡山の日生から、小豆島の大部へ渡ります。

ただ、道中、道を勘違いしていたり、工事で渋滞があったりで、日生についたのがフェリー出港5分前。

発券所からの無線連絡で、ちょっとだけ待ってもらい滑り込むことに。
(¯―¯٥)

小豆島に到着後、気持ちよく走っていると、小豆島ロールという旗が目に付いてUターン。

レモンとさつまいもの2種類あった内レモンを購入。キャンプでのコーヒーのお供に。

こまめ食堂

小豆島の中山地区にある地産地消の食堂です。

以前訪れた際は定休日で食べられなかったので、ここでお昼としました。

コロナ対策で席数が制限されており、30分毎に入替えみたいな感じで運営されてます。

この周りは、棚田百選にも選ばれている地域で、湧水を使って作られる米は評価が高いとのこと。7月頃には「虫送り」という、幻想的なお祭りが行われます。

その様子は映画「八日目の蝉」をご覧下さい。

ただ、今年はコロナの影響もあり、人手が大変だったのか、稲を作付している田んぼは少数でした。

お料理はこんな感じ、
棚田のおにぎり定食です。

マナガツオのフライと海鮮かき揚げ
棚田のお米のおむすび、などなど
醤油も小豆島の特産品。
(定食の料理は日替わりです。)

メニューには素麺の定食とか、オリーブ牛のハンバーガーなんかがありました。

小豆島オートビレッジYOSHIDA

お腹いっぱいになったところで、食材を買い込み、小豆島オートビレッジYOSHIDAへ。

場所は、島の中心部から20分ぐらいあり、周りには商店はないので事前に用意が必要です。

小豆島特有の岩山の下にあり、良い雰囲気です。また、管理棟内には温泉もあり、夏シーズン中は大変人気なキャンプ場です。

オフシーズンの10月〜3月は、バイク、自転車の利用者はサイト利用料が半額になり、1400円でした。

今回の一番使ってみたかったのはバンドッグの焚き火台。

前は携帯性重視で、DODの秘密のグリルちゃんを使っていたのですが、高さがないので、下にスパッタシートを敷いても熱を完全には防ぎ切れず、芝にダメージを及ぼしやすい欠点がありました。

調理にはちょっと不向きですが、五徳を使えばなんとかなるし、芝への影響もなく良い感じでした。

雨の中、薪が完全に灰になるくらいによく燃えました。
(^_^;)

アップした画像の空模様にあらわれている様に、
午前中は、快晴だったのに、昼頃から曇り始め、テント設営のあとには雨がパラパラと。

翌朝も、小雨。その中撤収し、慎重に運転して帰宅。

キャンプに行くときは、天気がイマイチだなぁ。(+_+)
星空が観たい!

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。