最後のツーリングは大弛峠(おおだるみとうげ)へ

最後のツーリングは大弛峠(おおだるみとうげ)へ

途中の林道がいい感じ

写真だと結構明るく写っているけれど、実際は薄暗くてたまーに木漏れ日が差し込むような林道でした、大弛峠への麓は。山梨側は舗装路なのでSSでも問題なし。
ただ、路面は落ち葉等でかなり荒れているので速度は控えめに。

大弛峠に到着

「日本最高所の車道峠」というツーリングマップルの文言に釣られて最後のツーリング地に決定。
本日も関東地域は猛暑日の予報だったので午前中にツーリング終了させるつもりで高速を使って勝沼ICまで。
高速も下道もそこそこ空いていたのに大弛峠頂上付近は早朝にもかかわらずすっごい車と渋滞。ハイカーの皆さん、元気すぎ。
駐車場だけでなく路上駐車がすごくってすごくって。
ちなみに、メッシュジャケットだと頂上は少し寒かった。←この後下山してバテそうになった・・・orz

大弛峠からの下り

大弛峠へは川上牧丘線という林道を往復。森林を貫いて走行している感じで眺望がイマイチ。
やっと見つけた開けたところはガードレールなしで、今年の大雨で土砂崩れしたところ(怖くて近づけなかった)だったりでやっと見つけたのが下の写真。生憎雲が多かったけれど、十分綺麗なところでした。

道の駅丹波山で鹿バーガー

柳沢峠の写真撮影を失念。代わりと言っては失礼かも?だけど、久々に道の駅丹波山に立ち寄り。10時前だというのに小腹が空いて(儂、燃費悪過ぎ)いたところ運良く鹿バーガー屋さんが営業していたので即注文。
出来上がりまで6分程度ということで、側の川面をボーッと見つめて癒されてました。が、むっちゃ暑い。大弛峠はあんなに涼しかったのになぁ〜

日本を離れます → CBR持っていけない・・・_| ̄|○

故あって日本を離れることになりました。
30数年ぶりに自動二輪の世界に戻り、かつ限定解除もし、乗り潰すつもりで購入したCBR1000RR(SC77最後版)も泣く泣く手放すことに。(渡航先で自動二輪購入するつもりですが、日本製以外にしようかと)
約1年半と短い期間ではありましたが、学生だった当時とは比べ物にならない車両や環境に恵まれ非常に充実したMoto Lifeを送ることができました。RIDE MATEにより皆さんとも繋がることができましたし。
RIDE MATEというシステムを提供くださったSys-Adim様と皆様に感謝します。
安全運転で快適なMoto Lifeをっ!!

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。