ライディングスクール報告書

ライディングスクール報告書

公道デビューと言うon the job training

ライダーの皆さん誰だって、教習所で練習して免許を取得しているわけですが、二輪教習は、場内のみ。

あとは、公道での経験を糧に精進の日々とあいなります。

(思い出せば、私は免許取得してすぐに、バイクを納車後、雨の中60kmを運転して帰るという、今考えると無謀な事をしてました。)

色々とライディングについての書籍なんかもありますが、わかったような、できているような、そうでないような。(・ัω・ั)

ちゃんと乗れているのかという自己判断がつかないので、一度、ライディングスクールなるものに参加して見ようと思いました。

ナンカイライディングスクール

ライディングスクールと言っても、いろいろあると思いますが、開催場所が神戸スポーツサーキットと近い、南海部品さんが開催しているナンカイライディングスクールに参加してきました。

本来は、5/31開催であったのですが、緊急事態宣言の影響で、6/6に延期開催となりました。

緊急事態宣言解除後、初めての開催となることから、3密を避け、ヘルメットを脱いでいるときはマスクを着けるなどの配慮と、無理をせず怪我をしない様にとの通達がありました。

まぁ、なんかあったら、ライディングスクールの継続ができなくなる可能性もあるとのことで、主催者側も手探りしつつの開催となっていました。

ライディングスクール参加にあたって

費用は、9900円(保険込み)。
バイクは125cc以上(=125ccは参加できます)。
参加人数は最大40人。
服装は、プロテクター付きのライティングウェアでOK。膝のプロテクターも必要。持ってない場合は現地で貸してもらえます。

コース内走行を行うため、サイドミラーは取り外しを推奨。取り外せない場合は、折り畳んだ状態にすること。

会場内に売店があり、カレーぐらいは食べられるようですが、売店自体小さいので、昼食は持って行った方が良いかと思います。

エアコンのある休憩室もありますが、今回は、3密対策のため使えませんでした。普段なら使えるようです。

また、常連さんは、携帯タイプのイスなど休憩グッズを用意されてました。

カリキュラムは?

参加者は、参加回数や、申込み時のアンケート内容から3つの班に分けられます。

私は、当然、初参加や経験の浅い人が集まる3班(緑ゼッケン)。

カリキュラム内容としては各班共通で、3班だとより詳しい説明が行われるとのこと。(慣れている1、2班は即トレーニング開始)

午前中は、
●8の字走行
●直線スラローム走行(5m間隔×20回)
●コース内に配置したパイロンを使ったスラローム走行

午後は、
●40km/hからのブレーキコントロール
●インストラクター先導でのコース走行(ハーフ×2)
●インストラクター先導でのコース走行(フル)
●ソロでのコース走行(タイム計測)
でした。

実際に参加してみて

このライディングスクールの要点としては、午前中の8の字走行にあり、それを後のトレーニングに応用させていく感じでした。

8の字走行の要点としては、
●曲がる際の目線管理
●リアブレーキの使い方
となります。

目線は、いきなりパイロンへ向けるのではなく、アプローチ点に目線を向けた後、パイロンへ向ける。大きく入って小さく出て行く軌道を取る様にすることでスムーズなコーナリングとなります。

低速で安定に曲がるためには、アクセル開度一定(パーシャル)で、リアブレーキを使って速度(曲がり)をコントロールする。いわゆる、リアブレーキを引きずりつつ曲がるという乗り方になります。

教習所でスラローム走行の時に、リアブレーキを使ってと言われましたが、それが出来ていなくとも、クリアできてしまっていたので、今回、その使い方がよく分かりました。

こうなると、こねくり回すようなスラローム走行が、曲がるのが楽しくなります。
まぁ、上手くやってやろうとすると、肩に力が入って、上手くいかないんですけど。(^_^;)

クローズなコースという、安全な環境で、的確な指摘を受けつつ、出来ていなかったことにトライ出来たのは良かったです。
成果あったと思います。
(長文失礼しました m(_ _)m )

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. ライディングスクール興味があるけど、下手くそな自分はちょっとびびってしまいます。
    ライディングスクールを受ける為のライディングスクールがほしい…

    • こんにちは、こ〜じん さん。

      それほどビビらずとも、初回参加時は誰でも初心者グループなので、インストラクターもケアしてくれますよ。

      安全な環境で、一般道ではなかなか思い切って試せないことも試せるので、一度参加してみるといい経験になると思います。

      鈴鹿だと、HONDAさんが開催しているSTECがありますよね。

      STECにも行ってみたかったが、遠いんだよなぁ。(^_^;)