志摩鳥羽ゆるいツーリング(伊勢志摩スカイライン回避)

志摩鳥羽ゆるいツーリング(伊勢志摩スカイライン回避)

晴天

水曜日午前9時出発

名古屋高速から東名阪へ
雨上がりで路面は湿潤、橋梁の継ぎ目で少し滑ったが とにかく良い天気だ

いつもなら御在所のファミマでコーヒーだけど気分がノッてるので先へ進む

鈴鹿近くで『堆肥』の匂いがする
敏感に外気を堪能できるのがバイクの醍醐味だ
懐かしいメロディーを耳にしたように五感を刺激する匂いは不思議なもので一瞬にして記憶を甦らせる

職場にOさんという初老がいた
仕事の覚え悪くミスを連発しまくり注意されると言い訳を繰り返す

離れた間合いでは加齢臭
至近距離では口臭
キラークイーンばり『接近パワー型』のセオリーを超える進化したスタンド使いだった

思い浮かんだのが淡い郷愁とかでなく
アルティメットに残念な人だった自分自身にも残念だ

東名阪から伊勢道は大門軍団が多い
覆面はすぐわかる
ハヤブサを親の敵に見立てたかの社用車が爆走して行ったが未來予想は簡単だ

途中軽い休憩して玉城を降りて
サニーロードを南伊勢に向かう

信号がほとんど無いのは快適だ
上下左右にバイク操ってる感じで良いリズムのツイスター山道だ
長い坂を下りギア落としてフルブレーキからの右左と切り返す橋のところでいつも
「コークスクリュー!」
と叫ぶ 大人げない

突き当たり左折
海沿いは気持ち良い

横山展望台へと思ったが
いつも賢島が混んでる気がして
やっぱりやめておこう

パールロード

海沿いから志摩磯部スペイン村抜けてパールロードに入る

どんなバイクで走っても楽しい道だ

心おどるが(あえて)ペースを落とす
コーナーの度々『海チラ』に目を奪われる

イラついたのか乗用車がケツに張り付いたから道を譲る
ハイブリッドカーほど乱暴な気がする
トイレ急行なんだと思うとしよう
興をそがれたくはない

目的地 鳥羽展望台 到着

いつ来ても風が強い
ヅラだったら大惨事だ

とにかく空と海の青色が絵に描いたように美しい

閣下…心洗われました
「鳥羽展望台よ!私は帰ってきた!」
叫びはしないが絶景がおかしくさせる

下ってしばらくして
『黒潮ダイニング』で食事

生け簀の伊勢海老見て触角つまんで
キャッキャッはしゃぐギャル2人組との相席を期待したが老夫婦に場所を取られてしまった

『動いてる海老の海鮮丼』『焼き牡蠣』
美味しかった

帰り道は遠回りをしたくなる が

エネキー対応セルフで給油して安心

他の地方から来られる人はナビゲーションとかで
『伊勢志摩スカイライン』へ誘導されると思うのだが

路面の荒い(高額)有料道路のイメージでしかない僕は使わない

二見トンネル手前セブンイレブン左折
何をない山道をゆっくり途中(綺麗な)近鉄列車(特急?)と並走して、こども園右折
あっという間に伊勢道 朝熊インターへ

風が強い!

横風エグい!
トラックに近寄ると何だかよくわからない方向から突然の乱気流!
離れて法定速度以下で巡航する

重いハヤブサは大抵の風はビクともしないのだが今日のは…
「コイツぁスゴいぜ」

久居 津辺りの開けたところがピークで
たまらず安濃へ避難した
バイクの集団がいた
とりあえず無料のお茶を飲んだ

晴天で気持ち良かったが悪質な強風が厳しかった
ちょっと楽しめないのな

名古屋西料金所の混雑に備えて大山田で休憩

木曽三川も風がぁぁぁ

名駅のビル群見えるとホッとする

名二環も風
途中で降りても良かった

午後4時半帰宅

なんだかんだ久々に楽しい330kmでした

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. 本論と関係ない事ですが、確かに匂い攻撃は怖いですね。ちょっと色々思い出しました(笑)

  2. 指摘されにくいからこそ
    自分も気をつけたいですね

    オオハタさんの体臭が天に浄化されラベンダーにでも転生することを願います

  3. ちなみにPOWER RSは
    ハイグリップでスポーツ走行寄りの性格ですが、しっとりとした食い付きで上質な乗り心地感です

    長距離もラクですが溝が少ないので雨天とかはパイロットのが優秀なんだと思います

    ミシュランは良いですね