EDR-21Gの試し撮りを兼ねて久々の道志道

EDR-21Gの試し撮りを兼ねて久々の道志道

心のリハビリとEDR-21G本体の振動対策を兼ねて〜ちょっと道志道〜

昨日(2/10)に予定よりかなり早く退院できたCRB1000RRくん。EDR-21Gをディーラさんに格好良く付けてもらったのだけどタンデムシード内で本体がカタカタする音を記録しちゃっていたので、手持ちのスポンジ(以前Driveman BS-10の風切り音対策用に島忠で購入。風切り音対策としては失敗。密度が高過ぎて音自体録音できない状況に陥ったから。結局純正の毛玉みたいのを購入してスポンジはいく当て無し状態だった)を突っ込んで無理くりシートを閉めて仮対策を実施。効果は・・・大満足。

一方の心のリハビリはと言うと、道の端っこに残雪が一杯。ろめんも濡れているんだか、凍結しているんだか? かなり怖かった。→カーブ手前ですっごく減速+カーブ中はやさしーくアクセルワーク。
でもだんだんと感覚が戻ってきた(と思う=自惚れ?)。

防寒対策は完了。次は花粉対策なんだけど

ちょっと脱線。
快晴だったけれど風が思いの外強かったですね。写真を撮りたくてグローブを外して暫くすると手が厳しー。
これはグローブをすれば何とかなるんですが、先週あたりから顕著になってきた杉花粉(←こいつ、大っ嫌い)。こいつの対策、みなさんはどうされているのかしら?
儂、ロードバイク用(ナルーマスク)のを本日試しに使ってみました。が、フルフェイスメットを被る時に耳掛けがやっぱり外れちゃうし、マスク自体もずれ落ちちゃって。
ヘルメット着脱時にずれずに耳も痛くならず、首にも変な負荷がかからないマスクってないかなぁ?

山中湖畔からの眺望

雪だらけ。
風が寒いから痛いの間。

寒い時は「ほうとう」と言う一択

ちょっと早めにお昼をいただくことを思い立ち、山中湖湖畔の浅間茶屋さんにふらっと立ち寄り。
ここ、すっごく雰囲気が良かった。お味も申し分なし。

EDR-21Gの威力は?

色々なHPやVLOGで既に評価がてんこ盛りですので詳細は割愛しますが、十分と言うか儂的には大満足。
懸念は陰影の差が大きいところ(具体的には林の中)ではブロックノイズが目立つように思うのと、記録されたファイルのタイムスタンプを見るとたまーに30s飛んでいる(記録されていない)のが散見されること、意図しないイベント記録が結構あったこと、かな。

ブロックノイズは気にしなければ「こんなものねー」程度。気にしないようにします。

記録分断。
たまたま確認していた動画が不連続だったので気がついたんですね。
因みに、メディアはSanDiskのUltra。microSDXC 256GB。これ、結構早いやつだったはず。EDRの記録設定は最高画質、1080p。
記録が飛ぶのはちょっとねー。メディアとの相性ってことではないと思う。たぶんFirmware更新で改善されると期待。

意図しないイベント記録。
本日の走行前に5段階中の4(イベンド記録トリガし難い設定)にしたんですけどね。シフトアップ時のクラッチミートがヘタクソだから?

ただ、それでもキィ操作に連動していて、画角も固定されているってのはとっても良い。最初は車体内部配線が嫌でヘルメット装着型のDriveman BS-10にしたのだけれど、ドライブレコーダは車体固定式が最前だと思う。
尚、儂個人の問題としてEDR-21GのGが無意味状態。ミツバさんちがWindows版ビューワしか出してくれないから。早くmac版をリリースしてくれないかな?

走行ルート(2020/02/14追記)

記事のアップロード時に一緒に入れておけば良かったんだけど、ちょっと面倒で。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。