『D.I.D製 かし丸君』を使ったチェーン交換のポイントを、失敗した経験から解説します

『D.I.D製 かし丸君』を使ったチェーン交換のポイントを、失敗した経験から解説します

チェーンカット&リベットツール 「かし丸君」

チェーンメーカーとして有名なD.I.Dから販売されているのが、このかし丸君です。
私はポイントがあったのでヨドバシカメラ(10,420円)で購入しましたが、Amazonだと
1万円を切る値段で販売されています。

そのAmazonで「バイク チェーン カシメ」と検索すると、色々と得体の知れない
チェーン交換用工具が出てきますが、この作業ではピンの強度がかなり重要になるので
中華製は避けた方が無難です。

なぜ中華製を避けるかといえば、それは金属の精度が信用できないためです。
以前、中華製ブレーキ・クラッチレバーの加工を下町工場に持ち込んでお願いした時に、

「中国の金属は信用できない。だから削ると割れたりしたら困るから受けれない。」

と、金属の専門家に言われ加工してもらませんでした。
素人の考えでは、「ちょっと穴を開けるだけだから簡単だろう」と思うのですが、違うんですね。

かし丸君チェーン交換のポイント

かし丸君の使い方は、D.I.DさんがYouTubeで公開してくれていますので共有・引用させていただきます。

いくつかポイントはあるのですが、私的な経験で感じるところの難易度は

チェーンのピンを抜く作業 ★★☆☆☆
圧入作業 ★★☆☆☆
カシメ作業 ★★★★☆
という感じです。

実際にかし丸君を使ってみての感想

それぞれの作業別にポイントをまとめてみました。→ https://tandem819.com/kashimaru/

15,000kmごとぐらいにしか使わないかし丸君を、1万円以上出して購入する必要はあるのか?と
言われそうですが、DIYメンテのいいところは「ついでに清掃とグリスアップができる」点です。

ショップではここまでやってくれる事はないですし、仮に依頼したとしたら余分に工賃もかかります。

2りんかんでチェーン・前後スプロケを交換してもらうと約1万円ほどかかりますので、
同じ金額でならやってみる価値はあると思うのですが、いかがでしょうか?

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。