『バイクに対する煽り運転・危険運転』ドラレコだけじゃ警察は動きませんよ!

『バイクに対する煽り運転・危険運転』ドラレコだけじゃ警察は動きませんよ!

警察は、被害者を守ってくれません

まず、最初に申し上げておきますが、市民を守る警察は、「犯人(違反者)を逮捕・検挙」する事が
責務であって、被害者のためには動きません。

いくら「こんな事があった」と駆け込んでも、対象者が逮捕・検挙に繋がらない場合、話を聞いて
終わりです。これは、煽り運転違反の罰則が強化されたとて同じ事です。

つまり、危険な目にあっても「危なかった」、「当たっていたら、転倒事故になっていた」程度で、
事故発生でもなく、けが人も死亡者も出ていない、何もない状況では警察は本気で動かないという事です。

それと、煽り運転違反の罰則が強化されたと言っても、「危ない目にあった」程度の場合、
各警察署によって対応にかなりの温度差があります。

適当に話を聞く警察署もあれば、そこそこの上司が奥から出てきて話を聞いてくれ、それを機に
最初に対応していた警察官の態度が一変した事もありましたので。

バイクが走っているだけで、腹をたてるドライバーがいる事も事実です

普通に、ごく普通に走行しているバイクの後ろを走っているだけで、文句を言っているドライバーを
見かける事があります。何がムカつくのか知らないけど、バックミラー越しに見ると声をあげて
怒鳴っていたりする人がいます。

あの忌まわしき三ない運動で、バイクは危険で野蛮な人間が乗るものというイメージが未だに
残っているからなのか、異常に敵対心を持つドライバーもいます。

”【概 要】三ない運動とは、高校生に対してバイクの「免許を取らせない」、バイクを「買わせない」、
バイクを「運転させない」というもので、1982年の全国高等学校PTA連合会で決議され、2012年まで
全国的な運動として続けられていたものだ。 YOUNG マシンより引用”

その時代の方は今や50〜60歳前後、そして親は70〜80歳前後なので、世間から排除される
対象だったバイクとライダーは「邪道な存在」として、そういった家庭の「しつけ」や「価値観」の
中に残っているのかもしれません。

そんな理由以外でも、バイクに対して危険な運転をする者もいますし、車しか運転をした事がない方にとっては、
車両間の距離感の判断がつきにくい対象物でもあります。

交差点で右折する自動車と直進してきたバイクの事故が多いのも、その距離感がわからないため「行ける」と
思ったら、あっという間に来るって感じなんでしょう。

こんな運転をするドライバーもいます

こんな運転をする人もいるので、自分を守るためにも、バイクにこそドライブレコーダーが必要だと
思っています。

最初に追い越して割り込んできた車は車速・距離共に無理がないので譲りましたが、次のハコバンは
「無理やって、距離と速度が無理やって」と思ったので、少しスピードを上げて入り込めないようにと
思ったのですが、彼は無理に入ってきました。

譲れば良かったのかもしれませんが、こっちも普通に走っているし、なんで車とバイクが差別されなきゃ
いけないのかがわからない。同じように、自動車税も重量税も払っているんだから同等です。

この人は、基本的にバイクが嫌い、面倒な乗り物と思っている人なんだろうなと思うのです。

バイクに対する危険運転・煽り運転への対応はこのページで紹介しています。
→  https://tandem819.com/kiken/

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。