『バッテリーチェック』動的・静的な数値でトラブルを回避しています

『バッテリーチェック』動的・静的な数値でトラブルを回避しています

皆さん、電圧はチェックしていますか?

私のバイクは何かと電装品関係が多く、バッテリーの状態を確認するために
常に電圧をチェックしています。

事の始まりは、USBの電源を確保する事が目的だったのですが、同時にナビ用に
DCソケットも付けたいとなり、そうだ、ETCも電気いるじゃんとなって、3個の
電源が確保できるヤマハ純正のハーネスキットを購入して取り付けました。

(ちなみにこのハーネスキット、メインの配線があまりにも細くてUSB1個程度なら
問題はないのですが、大きな電力を消費するパーツや、3個全てを同時使用すると
ちょっとヤバイなと思います。)

動的なバッテリーチェックが得意な『KOSO』

その後、ホーンの交換やらドラレコやらと増え、端子台を使わないとバッテリーに
繋ぐところがないほどアクセサリー類が増えたので、電圧計を取り付けて常にチェックしています。

一つ目はKOSOです。これは、時計・外気温・電圧計の3つが確認できる防水タイプの物で、
大きさは長さ60mm・奥行30mm・厚みは11.5mmと、非常にコンパクトです。

各項目はボタンを押すと切り替わります。
走行中は常時点灯表示されているのでチェックしやすい作りになっています。

配線は、プラスをACC電源に、マイナス線はバッテリーへ繋ぎます。もう1本、
時刻を維持するための常時電源があり、これはバッテリーに直接繋ぐのですが、
消費電力は0.17Aなのでバッテリー上がりの心配は無いと考えています。

静的なバッテリーチェックが得意な『スマホUSBチャージャー』

もう一つは、スーパーナットバッテリーの南進貿易株式会社が発売している
「スマホUSBチャージャー」です。

(ここのバッテリーを使いだして5〜6年になりますが、これまで何も問題なくきています。
純正品の半額程度なのでコスパもOK 

バッテリーに関する記事はこちら → https://tandem819.com/super-natto/

これは、バッテリーに直接繋いだSAE端子専用線を利用して、簡単に電圧の確認とUSB充電が
できるもので、LEDランプでバッテリーの残量低下を警告してくれます。

また、同じ形状の端子を持つ充電器を繋げばダイレクトにバッテリーの充電もできるので、
シート下や、スクーターの小物入れBOXなどに配線を持ってきておけばメンテナンスの利便性が上がります。

冬はバッテリートラブルが増えますのでご注意を

このように「見えるカタチ」で日常的にチェックしてはいますが、電圧計の精度なども
あるのであくまでも目安です。

正しいバッテリーの状態を知るには満充電後の電圧を測る事によってわかりますので、
こちらを参考になさってください。

https://tandem819.com/battery/

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。