鍵、ドレスアップ

鍵、ドレスアップ

乗り始めた当初から思っていたこと。
FZRの鍵、質素すぎる。家の勝手口の鍵と区別つかない。

そんなわけで、ブランクキー(溝が切っていない素の状態の鍵)を買ってきて鍵屋さんでスペアキーを作って貰えばオッケー!

なんて安易に考えていて、よくよく見てみると溝の数が違う、長さが違う、これ、合わない。

だったら切って溶接してしまえばいいじゃない!
という事でレッツカスタム!!

ブランクキー 分解

今回イモビライザー付きのブランクキーを選んだ
わけですが、鍵部分が分解出来るみたいで(某国の激安?ネットショップで分解してある画像を発見)

たぶん作りは同じだろうとロゴ部分のシールを剥がします。
これがなかなか難しい。ただのシールかと思っていたら金属の板で隙間がなくて、細っそいマイナスくらいじゃどうにもならず、傷まるけ、、、

電圧計のテスター棒の先が針になっていてそれを使ってみたら、すんなり取れて嬉しいような悲しいような。

ピン発見! 打ち抜く!

ピンが出てきて一安心。(傷だらけのプレートなんて目に入りません)

ハンマーとピンポンチ(なければ先端を丸くしたクギとかでもいけそう)で叩いたらすんなり取れました。

鍵部分も引っ張ったら取れて、画像と同じ状態になりました!
サンキュー!アリババ笑

切断、溶接、溶解、挫折。

ついに、鍵を切断しますが、失敗したら終わりです。鍵回せません。バイク乗れなくなります。

鍵、切断。
緊張して写真撮り忘れました。

さあ、溶接!
いきなり本番は怖いので、ブランクキーの鍵穴に入る部分とFZRの鍵の使わない部分で練習します。

素材が真鍮なので、半自動溶接機だと強すぎて、鍵がはぐれメタルになってしまうので、ロウ付け溶接でいきます!

バーナーで鍵を熱して、ロウ付け棒を溶かし込む。

鍵を熱して、、、

熱して、、、、

熱っ、、、

やっちゃいました。鍵、消炭。

そこへ、、、救世主が?!

救世主、現る。

先輩おじいちゃんが、すんなりくっつけてくれました。

早業で。

報酬は缶コーヒーとカントリーマームで。

あとはアルミパテで根元の形を整えて、プレートの傷埋めて、逆の手順で組んで、完成!

エンジンかける時、ちょっとテンション上がります。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。