安全装備のススメ

安全装備のススメ

安全装備のススメ

安全装備のススメ

みなさん、こんばんは。

今回は安全装備について、レモンサワーを片手に啓発します。
文章能力はレモンサワーなので大目に見てください。

すっかり秋になりバイクに乗るには丁度な気温ですね。

みなさんバイクに乗るとき、どの程度まで装備してますか。

・革ツナギ
・全身コミネ
・半キャップでサンダル

街中には色々な装備のバイク乗りが居ますね。

そこのあなた!!

ライディングジャケットだけ着て、下はズボンにスニーカーじゃないですか!?!? そのライディングジャケットは胸部プロテクターついてますか!?

バイクは転倒したら、大ケガをする可能性が非常に高いです。

想像してみてください。

道路を60km/hで普通に走行していたら、いきなり隣の車が車線変更してきて転倒。

①道路に叩きつけられて、そのままアスファルトにスライディング
②バイクに挟まれて、ランデブー。
③後続のトラックに轢かれる。

よくある話です。

公道は様々な年齢、運転スキル、性格の人が利用する「なんでもありの戦場」です。

安全運転なんて、アテになりません。

安全運転しててもプリウスは突っ込んできます。

そこで大事なのが、万が一のときの安全装備なんです。

2018年のバイク死亡事故 主損傷ランキング
1位 頭部 41%
2位 胸部 29%
3位 頸部  8%
4位は全損(;゚Д゚)で7%
(出典:警察庁交通局 「平成30年中の交通事故の発生状況」)

頭部と胸部だけで70%を占めています。

あとこれは死因なので、頭部で亡くなった方も骨折とかはしてると思います。

これ以上書くと長くなってしまうので、、、一番大事なこと↓↓

バイクは壊れたら、新しいの買えばOKです。
ですが
身体が壊れたら、もうバイクには乗れません。

ぼくはずっとバイクに乗っていたいので、安全装備にしています。

あと、ドライブレコーダーも万が一のときに無実を証明できる武器です。
ぼくはドライブレコーダーのおかげで過失割合が10対0になりました。

特に大型乗りの方は、ロールモデルとなるよう心掛けてください。
二輪の最上位免許かつ、大排気量を駆る大型乗りは、他のライダーの模範となるべき存在です。

ライダー全員が素敵なバイクライフを過ごせますように。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. 僕も事故で背骨の骨折を経験しました。
    病院の先生にしっかり装備着ていたおかげで骨折だけで済んでよかった

  2. ね。との事、、、着てなきゃタヒんでもおかしく無かったそう_:(´ཀ`」 ∠):
    装備について糸目はつけないようにしてます。

  3. 備えあれば憂いなし!