『デイトナ メッシュホース付タイヤエアーゲージ』

『デイトナ メッシュホース付タイヤエアーゲージ』

YZF-R25はタイヤ交換の時に、ゲイルスピードのL型バルブに交換しているのでエアー調整はしやすいのですが、
GSX-S750は新車のままなので直線タイプの純正バルブが付いています。

先日、S750のエアーを初めて調整しようとしたのですが、ブレーキディスクがデカイので手持ちの
エーモン製エアゲージが入りにくく、

計測値を確定するまでに何度もエアが漏れて規定値より低くなってしまいました。
そんなこんなで、今回はデイトナのエアーゲージを購入しました。

Amazonに似たような品がありマス

使いやすい事は間違いないのですが、メッシュホースがついている分かさばります。
なので、バッグに入れておくには大きすぎて、日常的に持ち歩こうとは思わないので自宅専用になります。

Amazonでも似たような中華製のものがありますが、これは精度の問題というより品質の問題なので
購入するならメーカー品がおすすめです。

といっても、デイトナ製にしてもアメリカ製品を輸入して販売しているようで、どっちもどっちって
感じなんですが、USA vs Chinaとなると信頼度はUSAかなという事でデイトナを選択しました。

ちなみに、エアーゲージの精度について

空気圧の単位は、kPa(キロパスカル)とkgf/cm²(キログラムフォース)があります。

ヤマハの場合、スイングアームのところに指定空気圧が書いてあるのですが、どちらの単位でも同じになっています。

なぜ同じなのか気になって、以前ヤマハへ問い合わせたことがありますが、その時の答えは
「あまり気にしないでください」という事でした。

つまり、世の出回っている空気圧計の精度がそもそもばらつきがあるので、単位による違いよりも、
こまめに空気圧をチェックする事を推奨されている訳です。

なので、Amazonで空気圧計を購入する際も、とんでもない品質でない限り、まあ目安機械として
判断するのがいいみたいです。

あと、ガソリンスタンドのエアーゲージは結構めちゃくちゃなものが多いので、私は仕事帰りに
多めに入れて、翌朝、タイヤが冷えている状態で、出勤前に指定空気圧に合わせるようにしています。

tandem 819

https://tandem819.com/

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。