イカリングカスタム導入

イカリングカスタム導入

どちらかと言えばノーマル派

私の個人的な意見としてバイクも車もノーマルの状態が最も洗練されたスタイルだと思ってます。が、やはりチームのメンバーが色々弄っているのを常日頃から見ていると自分も真似したくなる困った性分もあり、自分も何かやってみたい(正しくは弄ってもらいたい)なぁー、と思うようになりました。

LA LUMIEREさんに相談

以前チームのステッカーを作成していただいた時のショップに向かいます。

こちらのショップはZX-14RやZZRー1400のイカリングカスタム(ほかの車種も対応しています)のお店としては有名らしく、H2SX系にも入れらることは事前に聞いていたので早速オーダーして画像のような感じのデザインで発注してもらいました。
文字やカラーの由来は以下の通りです。
・KASUMI→リアル苗字
・SINCE 2019→バイク歴のスタートが2019年
・両サイドの紫のライン→好きな色

諸事情により作業日が決まらない。。。

もともとの9月の3週目くらいには入庫して弄ってもらう予定だったのですが、カスタムするにあたってこちら側で解決しなければならない問題が中々解決せず残念ながら9月には間に合いませんでした。。。

希望としては、この時のツーリングに間に合わせたかったのですが。。。残念でしたT_T
*なんとか9月の終わりか10月の頭ぐらいに問題が無事解決したので10月3日にカスタムをしてきました。

作業風景

作業の内容を簡単にまとめると、フロントカウルを外す→ヘッドライトにイカリングのユニットを仕込む→フロントカウルをくっつけるとなるのですが、こちらのバイクはネジの数がふつうのバイクよりも多いのと隠れたところにもネジがあるということで、バラすのが大変だったとは作業者談。

フロントカウルを外した記念に
写真撮影1枚目→電子制御てんこ盛りなのでいろんなケーブルを外してましたねー
また右側真ん中にあるグレーの空洞がスーパーチャージャーに通じるラムエアダクトになってます。

写真撮影2枚目→このアングルも良かったのですが、ヘルメットをかぶってカウルを胸のあたりで、紐かなんかで結んで勇者ロボットのように撮ってもらっても良かったかもしれないですねw

光らせ方は様々

発光可能な色の数は1600万色あるとのこと、またLEDの光をパターンで回転させる方式も200種類用意されているのでいろんなのを試してみようと思います。

最後の最後でトラブル発生

無事組み上がって、帰ろうとバイクを走らせますが、なぜかエンジンの警告灯が消えない。。。慌てて戻ってみてもらったところ、原因がすぐにはわからないとのことで、翌日にもう一度ばらして確認することになりその日は一旦帰宅

翌日電話があり、コンピュータをリセットして警告灯が無事消灯したと連絡がありました。原因はカウルのケーブル類がちゃんと繋がっていない状態でキーオンにしてしまった為、バイクにエラーが発生してしまい警告灯が消えなくなってしまったとのことでした。エンジンには全く問題はなかったので一安心

高速道路で帰路に就く

夕方過ぎにお店に伺って、バイクを受け取り、当然イカリングをビカビカに光らせて夜の高速道路を走り無事帰宅することができました。

ということで、記念すべきカスタム第一弾はヘッドライトのイカリングになりました!(^^)!
このままカスタム沼に嵌ってしまうのか、それともこれで踏み止まれるのか長い戦いになりそうです。

では、また次回ノシ

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. 僕も以前のcb400sfの時はイカリングにしてました。カッコいいですよね^_^

    • 特にムラサキのところがお気に入りで最高にかっこいいんですよ(笑)

      >cb400sfの時はイカリングにしてました。
      大きいヘッドライトはよりインパクトがありそうですね(^^♪