ひらい歯科の看板巡礼ツーリング~前編~

ひらい歯科の看板巡礼ツーリング~前編~

7月某日、コロナが少しは落ち着いたかと思えば、いじわるに梅雨は長引き、気持ちよくロングツーリングにも行けない日々が続いていた。少しでもいいからバイクに乗りたい。なんとか近場でもツーリング気分を味わえないものだろうか。

そんなことを考えながら車を走らせていると、やけに黄色く、やけにでかいこの看板に遭遇した。

この「ひらい歯科」の看板、実は名古屋市内の至る所に設置されている。なんなら市外でも見かけることがあるほどで、名古屋市民の誰もが一度は目にしたことのある看板である。

この看板、いったい市内にどれだけ設置されているのだろうか。しょうもない好奇心が僕の中で産声を上げた。この日は、雨で予定がキャンセルになってしまっていたが、市内はなんとか天気が持ちそうな空模様である。

暇を持て余した僕は、名古屋市内に点在するひらい歯科の看板巡礼ツーリングを決行することにした。ちょっとした思いつきではじめたこのツーリングが、あんな結末を迎えることになるだなんて、この時の僕は知る由もなかったんだ。

【中区】
まずは、名古屋を代表する繁華街である栄地区や眠らない街こと錦3丁目などを擁する中区にやってきた。名古屋を代表するメインストリートである広小路通りという広いんだか狭いんだかよく分からないネーミングだけど、実際はかなり広い道を走っていこう。

さっそく広小路葵交差点で看板を発見。幸先のいいスタートである。

・広小路葵交差点

相変わらずデカい。そしていい笑顔だ。この看板が出現しはじめた当初こそ、街の景観を乱しているのではないかと一市民として危機感を抱いたものだが、もはや見慣れた景色の一部と化しているから不思議だ。

広小路通りをそのまま少しだけ西へ向かうと、すぐにまた看板が現れた。

・東新町交差点

なんと、ひらい歯科の看板は黄色ばかりかと思っていたが、早い段階で白タイプに遭遇した。おそらく、ひらい歯科のすぐ下に構えるあんかけスパゲティ屋のユウゼンの看板と色が被らないように配慮したものと思われる。

この日2枚の看板を見つけた栄地区のあたりは、名古屋市の交通の拠点である中村区名古屋駅地区に対して、古くから商業の中心としての発展してきた地区である。名駅地区と比べると、比較的中低層の建物が多く、広小路通りや久屋大通などの広い道を中心とした、平面的な広がりや周遊性を感じされる街並みが特徴だ。

しかしながら、戦後に建設され、栄地区の発展を支えてきたビル群も老朽化が目立つようになってきた。そういった状況に対し、近年名古屋市は栄地区の再開発を進めはじめている。僕らが慣れ親しんだビルはこれから建替えが進み、どんどんと高層化・高密度化していくことになるだろう。3次元的な立体都市としての展開を始めるこれからの栄地区の動向には、是非とも注目していきたいところである。

【昭和区】

栄のビル群を眺めながら南東に向かい昭和区に突入した。昭和区は閑静な住宅街と複数の大学がキャンパスを構える名古屋きっての文教地区である。看板を見逃さないよう、飯田街道をゆっくりと走っていると、川原通7丁目の交差点でひらい歯科の看板を発見した。

・川原通7丁目の交差点

こいつはラッキーだ。これはひらい歯科フリークの間では「旧型」と呼ばれるタイプの看板で、若いころのひらいさんが写っている。髪型が現在と異なっており、毛先が遊んでいるのが分かるはずだ。旧型はなかなかお目にかかれないので、もし運よく見かけた場合には写真を撮っておくことを強く推奨しておく。

旧型の撮影に成功して満足していると、すぐ隣の山中交差点にも看板があった。

・山中交差点

これまでの看板と異なり、歩道に面してかなり低い位置に看板が配置されているため、ひらいさんとのツーショット撮影を行うことが可能である。看板を近くでよく見ると、自由診療1本30万円程度とある。インプラントの相場はそんなもんなのだろうか。マグネシウムホイールとだいたい同じくらいの価格帯だ。歯の大切さを思い知らされる。

さらに南東へ向かうともうひとつ隣の杁中交差点にもひらい歯科の看板があった。中区でもそうであったが、ひらい歯科はここと決めるとかなり近接して看板を設置する傾向があるようだ。何か特別なマーケティング手法なのだろうか。

こちらは一般的なタイプではあるがなかなかのサイズがあり、見ごたえ十分だ。

・杁中交差点

続けざまに看板を見ていて気付いたことがある。ひらいさん、バイク芸人として知られるチュートリアルの福田さんとまったく同じ顔面をしている。

チュートリアルといえば、少し前に福田さんの相方の徳井さんが税金の申告漏れで騒がれた。あのニュースを境に、徳井さんはテレビから姿を消した。売れっ子の徳井さんがいなくなるなんて、誰も思いもよらなかったはずだ。たとえ徳井さんがテレビに戻ってこなかったとしても、2006年のM1グランプリ、チリンチリンの漫才に腹を抱えて笑った日のことを、僕はきっと忘れないだろう。

【天白区】

飯田街道をそのまま走っていくと天白区に突入する。天白区は名古屋市の中でも住宅地としての性格が強い。区の名前のもとにもなっている天白川や、蛍もいるという相生山緑地などの自然も多く残されているのも特徴といえるだろう。

そんな天白川を跨ぐ島田橋、および天白川沿いに位置する天白スポーツセンターでひらい歯科の看板を見つけた。

・上:島田橋
・下:天白スポーツセンター南

出発が遅かったせいもあるが、看板を見つけるたびにバイクを停めて写真を撮ってを繰り返しているうちに、あたりはすっかり暗くなってしまった。先を急がねばなるまい。

とは言いつつも、せっかく天白区に来たので、久しぶりに稲葉山公園に寄ってみることにした。稲葉山公園は小高い丘の上にある展望公園で、結構夜景がきれいな場所である。学生時代、友人の軽自動車でドライブした日の終わりによく来て、男二人で夜景を見ながら無駄話をたくさんしたものである。

久しぶりに来てみると、自分の記憶の中にあるものに比べ、稲葉山公園の夜景はずいぶんとスケールが小さく感じた。眼下に広がる生活の灯りは、友人としょうもないことを語り合った日々の思い出で、僕の中で勝手に美化されてしまっていたのかもしれない。

思えば、友人とはもう何年も会っていない。元気でやっているだろうか。久しぶりにLINEでもしてみようかと思ったけど、アカウントが見つからずに早々と諦めた。きっともう会うことはないんだろう。

~ひらい歯科の本拠地、瑞穂区を爆走する後編へとつづく~

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. 神奈川にもきぬた歯科という同じように看板出しまくってるところがあります。
    歯医者のバイク仲間が一度そこに話を聞きに行ったところ何でも歯科はビジネスだとか。
    保険適用内の診療ではなくインプラントなど、高額な治療でいかに収益をあげるかに重点を置いているみたいです。

    結局、その人はそこに行かず自分で開業して頑張ってますが。

    • きぬた歯科、検索してみました。かなり似てますね!ひらい歯科の宣伝手法のルーツなのかもしれません。
      歯科はビジネス・・・。確かに以前詰め物する際、保険の効かないセラミックを強く勧められたなあ。

      • 歯医者の友達が言うにはどんなに良いものを被せても土台が悪ければ意味ないものだそうです。

        歯なんて子供頃は重視してなかったけど、大事な部分ですね。

  2. ☆ユウゼンだぁ

    久しく食べに行ってないけど、好きです(о´∀`о)

    • 僕もあんかけスパ好きです!
      あんかけスパって、無茶苦茶うまいわけでもないのに、なんかクセになりますよね。