雨に祟られる奥多摩ツーリング

雨に祟られる奥多摩ツーリング

昼過ぎに出発

午前中をグダグダと過ごし、出発は昼過ぎに。
乗る前は「●●に行って、××を回って…」とか色々考えてましたが
乗っているうちに「…目的地を減らしてゆっくり行こう…」と落ち着く(苦笑

金曜日なので、奥多摩周辺も混んでいないだろうと目論んで
上野原あたりから棡原を通って奥多摩に。

濃霧のち豪雨

都民の森を過ぎて、浅間尾根駐車場で少し休憩…
その先はまさに五里霧中…霧の中に道が見えるか見えないか…
交通量も少なかったので進んでいくとポツポツ…ボツボツ…バッチバチ…
サババババババババババババババw

止む気配がなかったので木の陰で雨宿り…
…と言いつつ雨だれはたれてくるので多少マシな程度。
道路脇で数十分待ちます。

小河内ダムへ

雨が小康状態になってから進んでいくと、小河内ダムでは晴れてました…
後で雨雲レーダーを確認してみたら、なんと奥多摩周遊路付近でだけ
本当にピンポイントで数分で雲が発達してそこだけ雨が降っていた感じでした…

二度目の降雨w

奥多摩で少し食事をして、それでも乾ききっていないので
流石に走り続けるのも体調によろしくないかと思い
(※気温23度、走行風と気化熱で体感は20度以下…)
小菅周りで帰ろうかと思いきやまたまた降雨…
しかし、途中橋の下で雨をしのげる場所がありそこで待機…

レーダー確認してみると、またもやピンポイントな雷雲w
本当に10分単位で、何もなかったところに真っ赤なレベルの
いわゆるゲリラ豪雨の雲が出来上がるんですね…
夏はにわか雨が多い上に山の天気ですからみなさんも気をつけて…

帰路に

雨に濡れたまま山道を走っていると
夕暮れ時なので、家々から晩御飯の匂いがしてきて
郷愁を誘いますね…むせ返るような湿度とともに
なんというか「田舎のおばあちゃんちに遊びに行ったら
雨に降られて神社でずっと雨宿りしてた」的な情景。

山々を靄が覆い、ヒグラシが鳴き続ける中を、
濡れて帰る様はまさに子どものようでした(苦笑

梅雨が開けたら猛暑ですね。
天候と体調に気をつけて皆さんも旅を楽しんでください。
※写真は奥多摩のカツカレー(何故

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。