『エーゼット MEG-018』を3,000km使用した、超個人的なレビュー

『エーゼット MEG-018』を3,000km使用した、超個人的なレビュー

MEG-018でワンクール走行しました

前回、エーゼットオイルについてご紹介しましたが、グレードを上げた「MEG-018」で
3,000km走行したので、超個人的なレビューをお伝えしたいと思います。

エーゼットのバイク用オイルは6年以上使ってきてまして、以前乗っていた
スカイウェイブの時はベーシックタイプの「MEO-012」で何の問題もなく走行してました。

唯一、きつかったのは夏の急な坂道を発進する時ぐらいで、軽くノッキングを起こして
いましたが、元々、車体重量が半端なく重いバイクなのでオイルの問題ではなく、
エンジン冷却が限界(強制的にファンが回っていた)状態だったのが原因だと思います。

その後、R25に乗り換えて、スカブ時代に買いだめしていたベーシックタイプの
「MEO-012」の4ℓ入り2本が残っていたので、躊躇せずこれを使用しました。

基本は3,000kmでオイルフィルターと同時に交換というスタイルでやってきましたので、
R25もメーター1,000kmで交換してワンクール乗りました。

2回目(3,000km〜)、3回目(6,000km〜)の交換まではバイクに慣れる期間
だったというか、ギアの入り方もこんな感じなのかなとあまり気にしなかったのです。

ですが、バイクにも慣れた頃の4回目(9,000km〜)あたりで、交換直後は感じないけど、
毎回2,000kmを過ぎる頃にはギアの入りが渋い事がようやく分かって、オイルのグレードを
上げたのが前回の記事です。

https://tandem819.com/az-meg018/

MEG-018を使用した感想は?

安くて、使える。これが率直な感想です。

ベーシックタイプで感じたギアの入りが渋くなる事もなく、何も気になる要素が
ないまま走行して交換できたので、個人的には良かったと思っています。

何が違うの?と、オイルを選ぶ際に悩むのですが、私がエーゼットに辿り
着いたのは値段です。

一応、API規格ではSLと表記しているので性能は高いのかなとイメージするだけで、
グレードに関して言えば素人なので分かりません。

また、化学合成油が良いとは聞くけど、エーゼットは全合成って言葉だし、
判断できるのは「添加剤テクノロジー」と、「高性能合成エステル使用」なんて
言葉ですからこれもわかりません。

またエステルという添加物にしても何百種類とあり、良いベースオイルに何かを
加えたから良い物だとも言えないそうで、ここがわかりにくいところなんですよね。

なので実際、使ってみないとわからないけど、使っても違いはわかりにくい。
(無責任でスミマセン)

唯一判断できるのは、バイクの場合、エンジンとミッションを同時に潤滑するので、
今回のようにギアの入りが渋いなぁと、感じるか感じないか程度です。

そんな私ですが、6年以上エーゼットオイルと付き合ってきての感想として、
「MEG-018」なら250ccクラスもしくは、同じエンジン型式で排気量が違う
車種(R3やニンジャなど)だと使えるかなと感じます。

ヤマルーブ プレミアムシンセティックだと5,000円ちょい、エーゼットで3,000円
ちょいなので、使えるオイルでコスパが良いからこれをずっと使ってきてはいるんですが、
そこは皆さんのこだわりもあるので参考にしていただければと。

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。