125ccで行く淡路島旅行

125ccで行く淡路島旅行

はじめに

夏休みだから旅行に行きたい。バイクがあるからツーリングも兼ねて景色がいいところなおかつ走りやすいところがいい→淡路島だなと男2人が秒会議したので淡路島に行ってきました。
今回はそのレポートになります。拙い文ですがお付き合いください。

How go to Awajishima?(ガバガバ英語)

淡路島に行くと決めたものの1つ問題があります。
「125ccだから高速乗れないじゃないか!高速が乗れないということは明石海峡大橋を渡れないじゃないか!!明石海峡大橋を渡れないということは淡路島に行けないじゃないか!!!faaaaaaa!!!!」といったことです。
そこで、少し検索してみました。
「125ccバイク 淡路島 行き方」
そしたら、1つだけ行く方法があったんですよ。それは、「淡路ジェノバライン」を使用することです。
淡路ジェノバラインとは明石港⇔岩屋港をつなぐ高速フェリーのことで、950円で125ccまでのバイクと自転車を積載することができます。
※125ccバイクでも、ヤマハのトリシティは積載不可です。

こういう風に固定します。さぁ、これで淡路島に行く準備が整いました。出発です。

淡路島上陸

ジェノバラインに揺られること15分。淡路島に着きました。揺れも少なく快適でしたね。多分海の状況によって変わるんでしょうけど。淡路島に上陸した友人の第一声は「尻が痛え」でした。

飯!飯!!飯!!!

淡路島に上陸したものの2人ともお昼を済ませていなかったので腹ペコです。ジョジョに出てくるピストルズみたいに上陸してからはずっと「メシクワセロ」としか発言してませんでしたね。狂気です。

岩屋港を出て、左に曲がるってしばらく走ると淡路夢舞台という名前の複合施設があり、そこにお食事とあったので腹ペコな僕たちは迷う余地なく入りましたが、これがまぁ大正解でした。「海鮮料理きとら夢舞台店」といった海鮮料理屋さんが入っていたので、そこの1番人気のきとら定食をいただいたのですが、淡路島なだけあって海鮮がまぁ美味しい。味噌汁も魚介の出汁が効いてて本当に美味でした。出てきて10分で無くなりましたね笑
それほど美味しかったです。

イングランドの丘

お腹もいっぱいになったところで目的地を決めようとなり、友人と話していたところ「イングランドの丘に行ってみたいずぅ!」自分としてもいったことないので大いにありです。なので、

Here we go.

入場料は800円でした。

友人はなにをトチ狂ったかそこでデレステに推しキャラの復刻ガチャだぁ!!とか言って5万溶かして爆死してました。顔が一瞬で生気を失って色白がさらに色白になってました。アホですね。

それを横目で見つつ、白桃ヨーグルトと淡路島牛乳のミックスソフトクリームを食べてました。めちゃんこ美味しかったです。

あとなんかでっかい鳥がいました。名前を知ってる方いたらコメントで教えてください。

おっ玉葱

イングランドの丘を出た後はテレビで見たバカでけえ玉葱が見たいなと思い、「うずの丘 大鳴門橋記念館」に行ってきました。閉館ギリギリということもあり玉葱キャッチャーはできませんでしたが、当初の予定であるバカでけえ玉葱は見ることができました。

ちなみにこれを傷つけたりしたら弁償になるらしいです。
あ、大鳴門橋記念館って山の上にあるので駐車場からなんともアドベンチャー感(?)溢れる写真が撮れます。隠れ写真スポットですね。
写真を撮った後は宿に向かったのですが宿〜帰路まではPart2に記したいと思います。
←to be continued

禁止行為を報告する

他のバイクログを見る

コメント

  1. 最高のツーリングルートですね!
    でっかい玉ねぎの横で食べる、バーガーは絶品ですよねぇ

  2. Shotaroさん。コメントありがとうございます。
    玉ねぎスポットに行ったのが閉館間近だったので、バーガーの店はもうすでに閉まってました…次行った時リベンジしたいと思います!!

  3. そうだったんですか…!
    あ、玉ねぎってこんなおいしんだ。
    って思えるおいしさだったので、次回はぜひ!

  4. 鳥さんは、「エミュー」かな?